「夫や妻の浮気が許せないなら証拠が必要?」   夫や妻に浮気をされて、すんなりと相手を許せる人などいません。   少なくとも、互いに愛情がある内は浮気を許すことはできませんし、仮に浮気を許せてしまうのなら、異性としての愛情はとっくに失われていると考えるべきでしょう。   浮気をした相手を許せないのは、愛情がある証拠。 けれど、許せないからといって相手を問い詰めるだけでは意味がないのです。   ■浮気をした人間は簡単に浮気を認めない   浮気をしている貴方の夫や妻、自分の浮気についてそう簡単には認めませんし、認める位なら離婚を選ぶような人間すらいます。     これは、浮気調査を行い続けていく中で知った世の中の仕組みの一つです。 浮気というのは犯罪でこそないものの、夫婦関係においては何よりも思い罪であると私達は無自覚に知っています   もし浮気がバレたとしたらどうなるのか? 想像してみれば、誰でも顔をしかめたくなるでえしょう。 下手をしたら仕事を失い、家族も失い、お金もその後の人生すらも失ってしまう可能性があるからです。   ■浮気を認めさせない限り、仕返しは不可能   浮気をしている人間は浮気について認めませんが、相手に浮気を認めさせない限りは貴方の仕返しはまず不可能です。   ・慰謝料請求は浮気の証拠がないと行えない   浮気をされた精神的損害を取り戻すための慰謝料請求ですが、浮気の証拠が無ければ慰謝料は請求できません。   慰謝料の請求そのものは可能ですが、確たる証拠がない場合、相手から請求を付き返されてしまうのが落ちです。   それでも納得がいかず調停から裁判になれば、証拠がないことはさらに不利になります。 証拠がないというのは裁判では致命的です。裁判官が本当に浮気があったのか判断できなければ、慰謝料は夢のまた夢と言えます。   ・話し合いすらできない   世の中は修羅場になるほど、証拠が効力を発揮するようにできています。   浮気相手と別れさせるための話し合いも、相手が浮気を認めなければ一向に話は進みません。 「浮気をしたのはわかってるんだから!」と相手を問い詰めたところで、証拠がなければ相手も動じません。 「だったら証拠を見せて?」と言われれば、証拠がない状態ではそれ以上話しあいは進みません。   ・助けを求めることができない   悲しいことですが、世の中証拠がない以上、浮気をしているのか客観的に判断されることはありません。   例え貴方が絶対に浮気をしていると思っていても、その事実を誰かに話して協力を得るためには証拠が必要になります。   もしも証拠もなく、浮気をしていると貴方が訴えても「気のせいじゃないの?」と言われておしまい。証拠がなければ、誰も貴方の夫や妻が本当に浮気をしているのか判断できないのです。 。   ・間違いという可能性もある   証拠がない以上、本当は浮気をしていなかったのに、ただ勘違いで喧嘩をして離婚してしまうこともあります。   思い込みが激しい人の場合、帰りが遅くなる日が続くと浮気を疑いやすくなりますが、実際はただの繁忙期で会社で寝泊まりばかりしていたエンジニアの旦那さんというパターンもあります。   疑心暗鬼に陥る理由は、かくたる証拠が無いからです。 もし証拠さえあれば、疑心は事実へと変わり苦しみも減ります。   一方、浮気をしていない証拠というのも調査によって明らかになります。 浮気について調べ、証拠を得ることは、ただ浮気を明らかにするだけでなく、浮気をしていなかった事実も明らかにすることができるのです。   ■浮気調査を行って証拠を手に入れよう   浮気調査によって証拠を手に入れると、貴方は浮気問題で悩むことはなく、より有利な立場から、確実に浮気トラブルを解決できるようになります。   浮気トラブルで立ち行かなくなってしまう人は、大抵が浮気の証拠が手に入らないことが原因です。 もしどうしたら良いのか悩んだら、浮気調査のプロである探偵に相談し、事態の打開を試みましょう。