浮気調査をこれから考える方にとって、浮気の証拠を集めるために費用をかけるべきなのか?それとも費用をかけずに、自分で浮気調査を行うかが問題になって来るかと思います。   浮気調査は決して探偵の専売特許というわけではありません。 探偵事務所としては、やはり依頼してもらって調査をしてもらいたいというのが本音ではありますが、実際には探偵事務所に依頼せず、自分で浮気の証拠を手に入れている人も多数いるのです。   そこで、今回は自分で浮気の証拠を集めることは本当に可能なのか? もしやれるとしたら、どこまで調査ができるのか?そのライン引きについて詳しく解説していきます。   ■自分で浮気調査を行う場合に手に入れられる証拠   自分でこれから浮気調査を行おうと考えているなら、まずはどんな証拠が手に入れられるのかを知っておくようにしましょう。   浮気調査をタダで行うといっても、時間的コストだけは避けられません。 無駄な努力で終わってしまう可能性や、調査発覚のリスクがある以上、実際は下手に調査をしないほうが危険はありません。   触らぬ神に祟りなし。 しかし、触らなければ証拠が手に入らないのが調査というもの。 ということで、自分で行う浮気調査で手に入れられる証拠を一つずつ見ていきましょう。   〇LINEなどの文章   浮気調査を自分でやるとなると、真っ先にラインを調べることが思いつくのかもしれません。   LINEの中から証拠を使むことは、実は探偵は行えません。 そもそも第三者が他人の携帯電話の中身を見ることはプライバシーの侵害に直接抵触してしまうことであり、場合によっては窃盗。セイキュリティの不正回避にも該当します。   ですが、LINEの中には浮気相手との連絡が大量にあるので浮気調査では欠かせない場所です。LINEを調べるのは自分で行う浮気調査で最も重要な部分です。   〇浮気相手との写真   浮気相手との写真を手に入れることができるのも、浮気調査をする貴方だけです。   浮気相手との写真の仲でも、ベットをともにするようなシーンがあれば決定的な浮気の証拠となるでしょう。   探偵は浮気相手と一緒にホテルに入る姿を取れますが、もし浮気相手とベットをともにしているような映像があれば、そちらのほうが証拠能力が高いです。   〇本人からの自白   浮気の証拠において、最も効果的なのは本人からの自白です。   本人から自白を引き出せるかどうかは、探偵にはまったく関与ができません。 しかし、本人の配偶者なら当然自白を引き出すチャンスがあります。   ただし、暴力や脅迫などを用いて引き出した自白は証拠にはなりません。 あくまで話し合いのすえ相手に納得させた自白でない限りは、浮気の証拠にはならず、慰謝料請求にも使うことができないのです。   ■これ以上は探偵にまかせたほうが良い事   これ以上の証拠を求めるなら、あとは探偵事務所に任せた方が良いという事柄もあります。   探偵事務所はプロですし、すくなくとも、依頼者の身の危険を肩代わりし安全に調査を行うことができます。   〇尾行や張り込みは自分でやってはだめ   尾行や張り込みなどは自分で行うのは絶対にやめてください。   第一に、ターゲットに対して貴方の顔はすでに良く知られています。 それも顔だけでなく、あんたの身体的特徴。足音すら記憶されています。   そんな相手を尾行するのは調査を失敗しにいくようなものです。   どうしても自分で調べきれず、尾行までしないとならない状況にいるなら、絶対に探偵事務所に依頼してください。   〇浮気相手の素性を調べたいという場合   浮気相手がどういう人物か調べたいという場合も危険です。   浮気相手の素性を調べようという場合、どうしても無理な調査をして最終的には浮気相手と接触を試みるため、浮気相手のプライベートな部分まで探ることになり、場合によっては不法侵入をおこし、相手とトラブルになるような人までいます。   こうなるまえに、浮気相手の素性などについて調べる場合も探偵事務所に依頼されたほうが良いでしょう。   ■探偵に頼むかどうかは相談してみるのが一番   探偵に浮気調査を依頼するかどうかは、実際に探偵事務所の無料相談を使って話を聞いてみるのが一番です。   良心的な探偵事務所が増えた今、無料相談でいきなり依頼をすすめてくるような事務所はありません。   まずは依頼者の話を聞き、調査を行ったほうが良いのか判断したうえで話をしますし、依頼をするかは依頼者の判断にゆだねられます。     その上で探偵事務所の依頼したほうが良いのか判断してからのほうが、費用を無駄にすることもないでしょう。相談は無料となっているので、誰でも気軽に相談することができます。