LINEのトーク履歴を調べることで浮気相手を見つけられるはず。   と、思っているかもしれませんが現実はではありません。 浮気をする人間の手口は常に浮気を見抜こうとする側の一歩先をいっています。   たとえ相手のスマートフォンを見れる状況にあり、LINEのトーク履歴を調べることができたとしても、其の結果証拠を握れるとは限らないのです。   ■LINEのトーク履歴は嘘でまみれいている   LINEのトーク履歴は嘘でまみれています。 こと、浮気調査をしようと考えているあなたにとっては、相手のLINEに見た目通りの真実があることはとても珍しいことです。   ○浮気相手とのトークはこまめに削除されている   LINEで浮気相手と連絡をとっている人間でも、賢い人間と、そうでな人間がいます。   賢くない人間は、ただ常套手段通り浮気相手の名前を変えて会話をしているでしょう。 もしくは、浮気相手からの連絡が待ち遠しいがあまり、通知設定すら切っていないかもしれません。   一方、賢い人間は常に貴方の行動を予測しています。 何をすれば疑われるか予想しているので、ロックはまずかけません。また、トークを不用意に非表示設定にしたりすることもしません。   彼らがやっているのは、浮気相手のトークを毎回削除する方法です。 これにより、LNEを覗かれても会話の内容から浮気相手だと判断される可能性は低いですし、さらにはこまめに証拠を隠滅できるというメリットまであります。   ■削除された会話そのものを特定する   会話を削除されていたとしても、まだ諦めてはいけません。 たとえ会話が残っていなくても、浮気相手だけを特定することは可能です。 また、バックアップ機能を使えば、削除されたトーク履歴を復元することもできるかもしれません。   ○削除されたトークを見抜く   削除されたトークは見れなくなりますが、どのトークが頻繁に内容が削除されているかは見抜くことが可能です。   例えば、典型的なのはトーク内の文章が極端に少ないものです。 あなたが見た時には一切トークの内容がないのに、トーク履歴には上位表示されているようなもの。それは、明らかにトークの中身が削除されたことを意味します。 ただし、ここまで露骨にやる人は殆どいません。   最も多いのは、トークの内容に当たり障りのないものだけを残し、それ以外は全て削除シてしまう方法です。   例えばスタンプだけを残す方法。 もしくは、挨拶。雑談といった内容だけをのこし、肝心の浮気の証拠となるような内容。例えば愛情表現の文章やスタンプを全て削除してしまう方法です。   こういった証拠の隠滅を見抜くのは簡単です。   まず、トーク履歴上位に表示されているものを3日前まで遡ってトーク内容を全て読んでください。   その中から、文章の流れがおかしなものを探します。   例えば、会話が何の脈絡もなく途絶えて、別の会話がはじまるようなもの。 スタンプだけのやりとりが永遠と続いているものなど、LINEの会話として不自然な流れのものをピックアップします。   その中から、相手が異性であり、浮気相手である可能性が高いものをチョイス。他の会話などから、相手がどんな関係でどんな立場の人間なのか調べていきましょう。   ■バックアップを調べてみる   LINEのトーク履歴が残されていなくても、バックアップを調べればトークの履歴が見つかるかもしれません。   バックアップの履歴はクラウド上のあるものとパソコンの中にあるものがありますが、調べられるのはパソコンの中にあるものです。   バックアップデータからLINEのデータを調べるためには専用のアプリが必要になります。 ただ、データを調べるさいにはプライベートの侵害や不正アクセス禁止法違反などには十分注意しなくてはなりません。