不倫をしている女性にとって、そのままの関係を維持する気は恐らくないでしょう。   女性の不倫は遊びと割り切れることが少なく、つい本気になってしまうもの。 そうなると、妻のいる不倫相手が家族を捨てて、自分と一緒になってしまえば意味はありません。   では、不倫をする夫は妻と別れないのか? それとも、妻と別れて不倫相手と一緒になるのか?   気になるこの問題について詳しく見て行こうと思います。   ■妻と別れないパターンが多い   不倫をしている男性が妻と別れるというパターんはそう多くはありません。   しかし、不倫相手には「そのうちに別れるつもりだよ」という事が多く、離婚を先延ばしにしている男性が多いです。   〇家族が結局大事   不倫をする男性であっても、結局は家族が一番大事という人が多いです。   不倫相手にもとめているのは、家族や仕事などとは別の安息であり、あくまで日常生活を変えるつもりはありません。   特に子供がいる場合、奥さんと別れることで子供とも一緒に居れなくなる可能性が高いため、不倫をしていても家族を捨てるということはまず考えられません。     〇不倫相手との関係を維持するための嘘   「いつかは妻と離婚する」という嘘は、不倫男性の常套句です。   というのも、不倫をする女性というのは相手にのめり込みやすいため、不倫相手の奥さんに嫉妬をしたり、とにかく相手にとって自分が一番の存在になりたいと考えています。   そんな相手と関係を持ち続けるためには「お前が一番」「いずれ妻とは離婚する」などの嘘をつき続ける必要があるのです。   〇不倫相手が強制的に離婚を迫ることも   結局は不倫男に騙されて関係を続けているという女性が多い中、そうおとなしくしている女性だけではありません。   不倫相手の女性の中には、男性の妻にあたる女性に脅迫文を送ったり、あえて不倫の事実を明らかにして、夫との離婚を迫るような場合もあります。   さらにひどいことになると、嫉妬に狂った女性が不倫相手の奥さんやその子供に直接危害を加えるなんてこともあります。   ■不倫相手のために妻と別れる男性が増えている   ここ数年目立っているのは、不倫相手のために離婚する男性たちです。   急に離婚を切り出され、別居しはじめた夫の調査をしてみると、その先で不倫相手と同棲していたなんて男性も珍しくなくなってきました。   以前までは、男性は妻は妻、不倫相手は不倫相手と割り切っているものでしたが、ここ最近では不倫相手との関係を優先し、家族を捨てるような男性も増えているのです。   こうなると、不倫をしている女性にとっては都合が良いですが、世の奥様方は戦々恐々ですよね。   〇離婚が当たり前の世の中になってきた   日本の離婚率は日に日に上昇しています。   2016年の離婚率は3組に1人となっており、離婚率は今後も上昇していくことが予想されます。   それに従って、男性側も家庭を守るという意識が減り、離婚することも以前よりは抵抗が減ってきているのです。   その結果、新しい魅力的な女性が目の前に現れた場合、その女性と新たな生活をしようと考えはじめるのも時代のせいなのかもしれません。     ■離婚を阻止するなら決定的な浮気の証拠を   もしも不倫夫の離婚を阻止するなら、浮気の証拠を手に入れるしかありません。   不倫相手と一緒になろうと考えている男性は、慰謝料請求やトラブルを避けるため、ほぼ間違いなく不倫を認めようとはしません。   かりにある程度の証拠をつかんでいようとも、逃れられる言い訳があれば何でも使ってくるでしょう。   離婚を決意している夫はそれくらい強かなものです。 場合によっては同居の様子を悟られないよう、離婚が決定するまで同じアパートに別々の部屋を借りているような男性すらいるほどです。   ■探偵に依頼いして不倫の事実を暴こう   なにがなんでも逃げ切ろうとしている相手から証拠を手に入れるためには、浮気調査のプロである探偵の力が必要になります。   いくら不倫の証拠を隠そうとしていても、不倫相手とそれだけ親密な関係なら、密会することは確実。その場面を尾行や張り込みによって抑えることができれば、相手に言い逃れをさせない決定的な証拠が手に張ります。   探偵への相談は無料となっています。 もし夫が不倫相手と一緒になろうとしているなら、いち早く不倫の証拠を手に入れて離婚を阻止しましょう。