探偵業界は古くから女性が活躍する業界でした。   女性が社会進出した現代よりもはるか以前、戦前から女性探偵は存在しており、男性ではできないようない調査を行い続けているからです。   では、男性の探偵では出来ない仕事とは? 女性探偵のメリットとは一体何なのか、詳しく解説していきたいと思います。   ■女性に依頼するメリットは?   女性探偵は男性ではできないような仕事をこなすために昔から重宝されてきました。   女性探偵はその繊細さと、周囲から警戒されにくく高いコミュニケーション能力から生まれつき探偵としての素養を備えている人も多いです。   状況によっては女性探偵がいなければ解決できない案件もあるため、多くの探偵事務所では昔から積極的に女性探偵を採用しています。   ■対象者に警戒されずに徒歩尾行が行える   女性はそもそも攻撃性が低く、力もなく背も低いことから男性よりも他人に警戒心を与えにくい存在です。   それが功を奏し、徒歩尾行では厳しい状況になるほど女性調査員が効果を発揮します。   例えばラブホテルへの出入りの瞬間、あなたが探偵に追われる身になったとしましょう。 その時、うしろを振り返ってスーツの男性がいるのと、おなじくスーツの女性がいるのではどちらが探偵だと思うでしょうか?   恐らく、多くの人がスーツ姿の男性を探偵と思いますよね? これは世の中の多くの人が探偵=男性だと思い込んでいるからであり、それもスーツ姿ならなおのこと探偵だと思いやすいからです。   では、今度はラブホテルに入る時、後ろには女性が1名いるのと、男性と女性のカップルがいるのではどちらが探偵に見えますか?   今度はカップルのほうがより探偵に見えなくなるはずです。   この様に、女性探偵は単独でも警戒心を解きやすのですが、男性探偵とのコンビによってさらに警戒心を解く効果を発揮します。   より探偵らしくない装いこそ探偵が求める姿。   だからこそ、女性探偵はその存在自体が探偵と疑われにく、男性とのカップルになればより疑われる可能性が減ります。   ■聞き込みでも情報を取りやすい   女性探偵は相手に警戒されにくいことから、聞き込みでも情報を得やすいと言われます。   聞き込みは営業と同じで、相手に警戒されないことが大切。 口の上手さで言えば男性探偵のほうが器用にこなすかもしれませんが、そういう探偵は非常に珍しい存在。尾行と張り込みは努力でなんとかなると言われますが、聞き込みは才能といわれる所以でもあります。   しかし、女性探偵は生まれ持って相手の警戒心を解く才能が備わっているため、平均して聞き込みが上手いと言われています。男性では警戒されるような相手でも、女性なら警戒心を解き話を聞き出せることも多いのです。   ■潜入調査が得意   古くは戦前から女性探偵が業界で活躍していたのは潜入調査のためだっと言われます。   日本の伝説的探偵と言われる初代岩井三郎氏の著書「探偵実話 魔鏡」によれば、女性探偵は探偵は対象者となる家の家政婦として潜入し、そこで密偵(スパイ)として活動していたとあります。   女性は男性よりもはるかに入り込める場所が多いです。 世の中で女性に出入りを禁ずるような場所は殆どありません。 反対に、男性の出入りが禁止されていたり、入りにくいような場所のほうが多いもの。特に対象者が女性の場合、尾行中に女性専用車両や女性もののアパレル店、もしくは飲食店などに入る場合には、やはり女性調査員がいたほうが何かと便利なのです。   ■調査を依頼するなら女性探偵がいる事務所がおすすめ   もし探偵事務所に依頼するなら、男性だけの探偵事務所よりも女性がいる探偵事務所をおすすめします   女性探偵がいれば、かなり厳しい調査でも成功率が上がります。 特に対象者が女性の場合、女性調査員は威力を発揮するので、探偵事務所選びの検討材料にしましょう。