『探偵の浮気調査は下調べが必要?』   探偵がどのように浮気調査を行っているのか?   これら探偵事務所に浮気調査を依頼しようと思っている貴方は気になるでしょう。   探偵の仕事は直に見ることが殆どできません。 また、映像として見るのはフィクションの世界だけであり、これから調査を依頼しようと思っている探偵事務所が、実際にはどんな方法で浮気調査をしているのか知る機会はありません。   そこで、この記事では探偵が行っている基本的な浮気調査の方法について解説します。 浮気調査を依頼する参考にしてみましょう。   ■浮気調査は下調べが重要   探偵の浮気調査は、まずは現地の下調べからはじめます。   「え、調査はどうしたの?尾行や張り込みは?」   と思うでしょうが、実はこの下調べがとても重要です。   探偵業界では下調べのことを「予備調査」や「事前調査」などと呼びますが、この下調べで調査が成功するかどうか決定するとも言われているのです。   ・調査の開始場所を調べる   下調べは基本的に調査の開始場所となる建物の周辺を調べます。   調べるポイントは建物の出入り口の数、対象者が出て来るであろう移動ルート、張り込みポイントを重点的に調べます。   ・下調べは調査計画を立てるために必須   知ら調の目的は適切な調査計画を立てることにあります。   現場の出入り口の数を調べるのは、張り込みに必要になる調査員の数を確認するためです。 もし出入り口が3つあり、それぞれ同時に見ることが出来ないなら、その現場では3人の趙さんが必要になるでしょう。   また、移動ルートを確認するのは、どのよなアプローチで対象者を追うのかシュミレーションするためです。これにより、今度は尾行に必要な人数や機材、車両の有無などを決定します。     ■車のナンバーや車種も確認する   浮気調査では、対象者が使用する車の車種やナンバーも重要となります。   下調べでは必ず対象者の車の確認が行われます。 事前に依頼者から対象者の仕様する車の種類を聞いてはいますが、詳しい車種まではわからない人も多いので、現地で車を見つけたら写真で撮影しておきます。   ■対象者の顔写真も確認   調査までに余裕がある場合、対象者の顔写真も撮影しておきます。   調査本番では、依頼者からもたらされた対象者の顔写真を元に浮気調査を行うのですが、手元にある写真があまりにも古かったり、顔がはっきりと写っていない場合もあります。   そうなると、調査本番では勤務先や自宅から出てきた対象者を見落としてしまう可能性もあるので、時間的余裕があるなら、事前に対象者の写真を高性能なカメラで撮影しておきます。   ■下調べは調査の前日までに行われることが多い   浮気調査の下調べは基本的に調査の前日までに行われます。   緊急を要する調査の場合、現場に到着してすぐ周囲の状況を確認して最低限の下調べをすませます。   ただ、下調べを入念に行たほうが確実に成果を上げられるので、出来る限り前日までに調査を終えておくのが基本です。   ■下調べは基本無料   下調べは本調査とは違い、基本的には無料で行っています。   探偵事務所によっては事前の調査でも料金を取るような会社がありますが、トラスト探偵事務所では下調べでお金を取ることはありません。   下調べはあくまで探偵事務所が自主的に行うものです。 しかし、この下調べ無くして浮気調査の成功率を上げることは難しいです。 時間がない状況でも、調査を開始する前には出来る限り周囲の状況を調べるよう心掛けています。   ■浮気調査の成功率をあげるために   下調べを行えば、浮気調査の成功率は確実に上げることができます。     探偵の浮気調査の技術力というと、調査本番の尾行や張り込み、撮影の技術だと思われがちですが、実際には入念な下調べが出来ているかも重要なポイントです。   そのため、もし緊急の調査であってもトラスト探偵事務所では最低限の下調べを欠かしません。   浮気調査を行うまで、いかに準備を終えられるか? 「戦は準備が9割」などとも言われますが、トラスト探偵事務所の高い浮気調査の成功率は。隠された入念な下調べによっても支えられているのです。