誰だって自分の夫に浮気をされたら許せないですよね。   そもそも、夫婦である以上は絶対に浮気なんて許せませんし、民法上でも、夫婦には互いに貞操義務があるとされています。   だったらなおのこと許せない! 浮気をした夫や妻をぜったいに懲らしめてやりたい!   と思うと、誰もが暴力的な手段に訴えようとしてしまいます。   でもちょっと待ってください。 もしそこで暴力を振るってしまったら警察沙汰になってしまうかもしれませんよ? 浮気をされて、しかも自分が逮捕なんてされたら目も当てられません。 ここは浮気調査を本格的に行ってみて、浮気の証拠を手に入れてみてはどうでしょうか?   ■浮気の証拠を手に入れて慰謝料を請求してみよう   浮気について許せない人が取るべき最も賢い方法は、浮気をした相手に慰謝料を請求することです。   慰謝料請求とは、精神的損害に対する賠償請求のことであり、目には見えない心の傷や、それによって起こった損害に対して金銭を請求できるシステムです。   海外では浮気による慰謝料請求が認められていない国が多いですが、幸い日本は浮気が原因の慰謝料請求ができるようになっています   しかも、日本の慰謝料請求は自分の配偶者だけでなく、その浮気相手にも可能。 これほど浮気の慰謝料請求がしやすい国は世界的に見ても珍しいです。   ■慰謝料請求の金額は   浮気が許せないからこそ慰謝料請求がしたい貴方にとって、その金額は気になるところですよね。   慰謝料請求ができても、それがたった数万円程度では腹の虫もおさまらないはず。 しかし、日本の慰謝料請求の平均的な金額はその程度では収まりません。   ■浮気の慰謝料の平均金額は100万円?   浮気における慰謝料の平均的な金額は100万円前後と言われています。   もちろん、相手の収入や浮気の程度にもよりますが、平均的な月収を得ている人間からなら、およそ100万円程度の慰謝料は期待できると思ってください。   ■100万円以上の慰謝料も可能?   慰謝料のもえらえる金額の平均は100万円ですが、実際にはそれ以上の金額をもらっている人が多数います。   慰謝料の平均金額は100万円ですが、浮気をした配偶者だけでなく、その浮気相手にも請求することでさらに金額を上げることが可能です。   また、相手の収入や浮気の酷さに大きく関係します。 そのため、あまりにも酷いケースだと浮気の慰謝料せいきゅうで500万円以上も請求できたケースも存在するのです。   【過去の判例】   W不倫をした男女のうち、男性が浮気相手の女性の家庭崩壊を狙い、浮気の事実を相手男性の勤務先に暴露。その結果、夫婦関係は破綻し、男性は女性と同居することに至る。その結果、慰謝料500万円の請求が認められることになる。   「昭和60年/浦和地方裁判所より」   これほどひどい浮気の場合、慰謝料の金額はゆうに500万円を超えます。 ただ、ここまで自分勝手な人間は大抵は慰謝料の支払いに応じてはきません。 高額慰謝料を狙うためには、決定的な浮気の証拠が必要になるでしょう。   ■慰謝料を請求するなら浮気の証拠は必須   浮気をしている人間は、その大半が素直に慰謝料請求に応じてはきません。   そもそも浮気を平気で行う人間ですから、反省など大半はしない身勝手な人ばかりです。   だからこそ、慰謝料請求では浮気の証拠がとても重要になります。 相手が慰謝料請求に応じない可能性は、その金額が上がるほどに高まります。 高額慰謝料を狙うなら、探偵事務所に浮気調査を依頼して決定的な浮気の証拠を手に入れましょう。