浮気とは、その名の通り本来は「浮ついた心」を示すことばです。 あちらこちらと気が行く様を表しているのですから、ほおっておいてもきっと自分のもとに帰ってきてくれるはず・・・とも言ってられないのが今の世の中です。   離婚率の上昇により、離婚がそれほど珍しいものではなくなった現在では、既婚者であろうが浮気から本気の恋愛に発展しても、離婚してしまえば良いと思っているような人すらいます。   では、一体なぜ浮気のはずが人は本気になってしまうのか? 今回はこの問題について詳しく見て行こうと思います。     ■男性の浮気が本気になってしまう人は多い   男性の浮気について心配している人は「男性は遊びの浮気しかしない」と思っていることも多いでしょう。   確かに一昔前はそうだったかもしれませんが、現在は男性が家庭を守るという意識も低くなり、浮気がついには本気になり、家族を捨てるような人も増えています。   〇妻との関係が上手くいっていない場合   男性が他の女性にのめり込む大半の理由は、現在の妻との関係が上手くいっていないからでしょう。   妻との関係がギクシャクしていたり、信頼関係が築けていないと感じると男性はその関係性をひどく無駄なものと感じ、次第にストレスが溜まっていきます。   すると、男性はそのストレスを癒してくれるような女性に出会うと、浮気だったはずが本気になり、その女性へとのめり込んでいってしまうのです。   その結果、家庭を離れてその女性と新たしい生活をスタートさせるということも、現代ではとくに珍しくもありません。男性の浮気があくまで浮気ですんでいたのは昔のことで、それはあくまで男性が家庭を守る立場にあったからです。   〇相手を妊娠させてしまうけーす   浮気だったはずが本気にならざるを得ない状況というのもあります。   それが、浮気相手の妊娠。   浮気相手と妊娠させてしまった男性は、その責任を取るという形で現在の妻と離婚し、浮気相手と結婚。その子供を育てようとする人がかなり居るのです。     男性にとって、浮気相手の妊娠というのは衝撃的なできごとですし、それが妻に知られれば離婚は必須。   となれば、最初から離婚を決意してしまうのは当然のこと。 しかも、浮気相手自体も子供を妊娠した時点で相手の離婚を明らかに望んでいますし、場合によってはそのように仕向けてくることもあります。   ■女性は昔から浮気相手に本気になりやすい   恋愛至上主義の人が多い女性は、男性と比べれば圧倒的に浮気もやはり本気になりやすい傾向にあります。   浮気をすれば当然のように本気になりますし、次第に夫への興味は薄れ離婚への流れができてしまうもの。だからこそ、女性の浮気はできるだけ早くに対処すべきだと言われています。   〇夫へのストレス   男性同様、妻は夫へのストレスが激しい場合には浮気に走ることが多いです。   夫との不仲は女性を浮気に走らせる一番の原因です。 夫への不満がない女性はいませんが、問題はそれがどのレベルかということです。   ただ夫婦仲が悪い程度でも、信頼関係があれば浮気に走るケースは少ないかもしれません。 しかし、互いの信頼関係が崩れるような程度になる。つまり、夫として妻が信用できないレベルになれば、当然浮気の確率は上がります。   さらに、夫へのストレスが強い場合には、浮気をされたあとに本気になるケースがとても多いです。   すでに夫への不満がたまっているところに、重ねて浮気相手にのめりこめば、当然本気になっていくでしょうし、現在の過程への不満も大きくなることが予想されます。   〇愛されたい欲求が強い場合   愛されたい欲求が強い人間ほど、浮気にはまり本気になっていくのが女性です。   浮気相手から強く愛されていると実感が増すことにより、自分を強く愛してくれる側へとなびいていくものです。   その結果、やはり自分を愛してくれない夫よりも、愛してくれる浮気相手を選ぶということも十分ありえるのです。   ■浮気に気が付いたら早めに手を打つ   このように、浮気に本気になってしまう人がいる以上、浮気だからと油断してはいけません。   本当は離婚したくない相手と離婚することにもなりますし、最悪の場合、証拠を隠されてしまい浮気の事実しら知れないまま離婚へと流れていくかもしれません。   〇浮気から本気になった人間は知られずに離婚しようとする   浮気から本気になった人間が、その事実をあえて伝えるというケースはあまり多くありません。   それはあくまで離婚を円滑に進め、慰謝料請求やトラブルから逃げるための策です。   「浮気相手と一緒になるつもりでいるんだ」   などと言って離婚しようとする人間はいませんよね? 普通は、もっと別の都合の良い理由を作り、離婚を円滑に進めようとするものです。   「もう君と一緒にいるのはお互いのために悪いと思うんだ」 「あなたとはもう一緒にやっていけない、限界よ」   などなど、とにかく相手に離婚を納得させようと嘘をついてきます。 しかし、その裏では浮気から本気になった異性の姿が常にちらついています。   こうした事実を知らずに離婚しても良いでしょうが、実は別の異性と一緒になるために離婚するとわかっていたら、かなりショックですよね。   〇慰謝料請求ができなくなる   もし離婚したあとに浮気について知ったとしても、その証拠が無ければ慰謝料請求はできません。   離婚後に別の異性と一緒に暮らしていることを知ったとしても、その異性と何時知り合ったのか証明することができなければ、離婚後に知り合った異性として通されてしまい、慰謝料請求が難しくなるでしょう。   離婚後の慰謝料請求は、離婚以前にどれだけ証拠を集めていたかが鍵となります。 しかし、どうせ自分のもとに戻ってくるだろうと油断していると、そんな証拠も一切なく離婚され、すでに後の祭り。   そんな事態に陥らないためにも、浮気調査はとても重要なのです。   ■浮気かもと思ったらまずは探偵事務所に相談しよう   もし貴方が「これは浮気をされているのかも」と思ったら、探偵事務所の無料相談を利用してみましょう。   探偵事務所への相談は誰もが無料です。 実際に浮気調査を依頼する必要は実際に話してみてから決めてみても良いでしょう。   とにかく、ただの浮気だと思って安心してはいけません。 将来の離婚や家族関係の修復、慰謝料請求を成功させるためにも、証拠はいち早くつかんでおきましょう。