浮気の証拠を隠す時、人は必ずゴミ箱の中に捨てています。   そのため、かつてはガーボロジー(ゴミを調べる調査)を行う探偵も居たほどですが、最近ではプライバシーの問題などから姿を見ることはありません。   たあ、ゴミ箱は未だに探偵にとって宝の山。   それは、浮気調査をする貴方にとっても同じこと。   この記事では普段誰も見向きもしないようなゴミ箱の中にある浮気の証拠について詳しく解説します。   ■部屋のゴミ箱を調べよう   まずは部屋のゴミ箱を調べましょう。 もしかしたら、そこで決定的な浮気の証拠が手に入るかもしれません。   〇浮気デートのレシート   浮気相手とのデートのレシートが入っていれば、浮気の証拠になります。   レシートを普段からためてしまう人は、まとめてゴミ箱の中に捨ててしまいますし、本人もその中に浮気デートで使ったレシートが入っているとは気が付きません。   〇カードの明細   カードの仕様明細を見れば、どこでどんなお金の使い方をしたのかがわかります。   例えばよくあるのは、ホテルをカードで支払うパターン。 この場合、カードの明細には当然ホテル名が載りますし、ラブホテルの場合にはホテルの運営会社名が記載されることになります。   また、ガソリンを入れる時にカードを使えば、どの日にどこに居たのかまでわかります。   カードの明細はほぞんする人よりも捨ててしまう人のほうが多いはず。 この場合もゴミ箱の中を調べることで、重要な証拠を手にいれられます。   ■車のゴミ箱を調べよう   車のゴミ箱には不貞行為の直接的な証拠が入っていることが多いです。 ここでは後々DNA鑑定を行うことまで視野にいれ、ジップロックなどに入れて保存するように気を使ってください。   〇性交渉の痕跡 車で浮気相手と性交渉に及ぶカップルは山のように存在します。   特にその傾向は地方に行けば行くほど増えるので、普段からマイカー通勤をする人は、まずは性交渉の痕跡がゴミ箱に残されていないか調べましょう。   良く見つかるのは避妊具や、避妊具を梱包していたフィルムや箱です。 こういったあからさまなゴミですら、車のゴミ箱に入れっぱなしにしている人がいるので、もし見つかればかなりのチャンスです。   続いてわかりにくいもので、体液が付着したティッシュです。 これは一見してそれとわからないものが多いので、疑わしいものは保存し、あとで鑑定してもらうのが良いでしょう。   〇女性の化粧が付いたティッシュ   夫が浮気をしている場合、ゴミ箱の中に化粧が付いたティッシュが入っていたケースもよくみられます。   飲み物を飲んだり、食べ物を食べたあと、ティッシュで口元を吹けば口紅が付くことはよくあります。また、化粧を直した時のティッシュも見つかることが多いです。   こちらは直接的な浮気の証拠にはなりませんが、少なくとも浮気を疑う証拠になりえます。   〇異性の落とし物   車の中で性交渉におよぶと、体に身に着けていたものを車のどこかに落としてしまうことが良くあります。   これを見誤った運転手が、あとでゴミ箱の中に捨ててしまうケースがたまにあるので、しっかりと調べてみましょう。   良く見つかるのはイヤリングなどの装飾品。ほかにもブラジャーの金具、化粧品の一部などです。   ■パソコンやスマートフォンのゴミ箱を調べよう   現実世界のゴミ箱だけでなく、デジタル世界のゴミ箱も重要な証拠が眠る場所です。   まずはパソコンを中心に調べたあと、必要であればスマートフォンのゴミ箱も調べてみると良いでしょう。   〇浮気相手とのメッセージ   浮気相手とのメッセージを隠滅しようとしたものの、完全に削除しきらず、ゴミ箱の中に残したままの人も多いです。   メールツールの大半はゴミ箱に移し終えたあと、完全に削除するまでは一定期間保存されたままになっています。もしチャンスがあれば調べてみると良いでしょう。   〇浮気相手との写真   浮気相手との写真をパソコンやスマートフォンの中に残したままの人は多いです。   ただ、本当に隠したいファイルは別にあり、ゴミ箱の中には、写真撮影で不必要なシーンが残された状態になっています。   しかし、それでも浮気相手との写真は見つかるでしょう。 ピンボケであっても異性と一緒に撮影しているものや、中には性交渉中の写真まで、あやしげな画像データがあれば、必ず保存するようにしてください。   ■ゴミ箱を調べて浮気の証拠をつかもう   ゴミ箱の中には、本人にとってはゴミであっても、貴方にとってはとても重要な証拠が眠る場所です。   もし浮気について調べ集ったら、いちどはゴミ箱の中を調べても良いでしょう。   いっぽう、探偵事務所に依頼すれば、難しい調査はいりません。 気になる方はぜひ探偵事務所に調査を依頼しましょう。