自分で浮気調査を依頼するとなると、絶対に知っておいてほしいことがあります。   それは法律。   浮気調査にはとても多くの法律が絡み合っており、ひとたび調査をはじめればいくつもの法的な問題に直面します。   また、その手の法律を破ることになれ手に入れた浮気の証拠が使いものにならなくなったら、場合によっては逮捕も十分ありえます。   そこで、この記事では浮気調査で気を付けておきたい法律について詳しく解説します。   ■浮気調査では気を付けなければならない法律が沢山   浮気調査に関わる法律は山のようにあります。   探偵は一見して何らかの特権を与えられているように思われがちですが、実際は一般人とおなじく法的な特権は何もなく法律は厳守しなくてはなりません。   そのため、探偵は常に法律について学んでいます。 法律を守るだけでなく、守るべき法律について知らなくては浮気調査は不可能。 その原則は浮気調査を行う一般人もおなじことです。   ■住居不法侵入   まずは浮気調査で最も抵触しやすい住居不法侵入について知っておきましょう。     住居不法侵入とは、正式名称を住居侵入罪と言い、他人の敷地に許可なく立ち入ることに対する罪です。   浮気調査では、配偶者の浮気調査をするため会社の敷地内に勝手に立ち入ること。 または浮気相手がいるマンションの敷地に入ったり、浮気相手の部屋に押し入ってしまうことで住居不法侵入が成立してしまいます。   〇住人の許可なく敷地に入らないこと   浮気調査を行う場合、決してその敷地に住む住人の許可なく敷地内い入ってはいけません。   反対に言えば、敷地に住む人間の許可さえあれば住居不法侵入は成立しません。 探偵が浮気調査を行う場合も、依頼者の自宅には依頼者からの許可があるため入ることはできますが、そうではない敷地には許可無く立ち入ることはできません。   〇別居している配偶者の敷地にも立ち入らないこと   浮気トラブルが原因で別居している配偶者の自宅であっても、本人の許可なく立ち入れば住居不法侵入が成立してしまいます。   この点を勘違いしてしまい、まだ離婚していないからと本人の自宅の鍵を勝手に開けて入ったり、敷地で待ち伏せするような人がいますが、これは明らかな住居不法侵入です。   この点に関しては十分に気を付けなくてはなりません。     ■不正アクセス禁止法違反   浮気調査を行うことで最近になり逮捕者が増えているのが不正アクセス禁止法違反です。   不正アクセス禁止法違反とは、本来はハッカー対策のために生まれた法律です。   サーバーを経由してサービスにログインする場合、そのパスワードやログインIDを不正に利用してアクセスする場合、不正アクセス禁止法違反が成立します。   この法律のポイントは、サーバーを経由する。つまり、電気通信回線を利用してサービスにログインする場合にのみ法律が適用されることです。   スマートフォンやパソコンのセキュリティを解除すること自体は不正アクセス禁止法違反には該当しませんが、それら端末を利用してロックが掛かったLINEやメールを覗き見れば不正アクセス禁止法違反が適応されます。   〇不正ログインは決して行ってはならない   不正ログインは今浮気調査を行う中で最も警戒すべき法律です。   というのも、世界中がハッカー対策に本腰を入れ始めている現在。不正ログインに対する罪は重くなり続け、今まで及び腰だった警察も本格的に捜査に乗り出しています。   たかが不正ログインだと甘く見てはいけません。 今後、この法律は間違いなく厳罰が強化され続け、罰金を支払えばすむような刑法ではなくなるでしょう。   ■不正指令電磁的記録共用の罪   浮気調査を行う仕事をする人間が今危険視しているのが、不正指令電磁的記録に関する犯罪です。   中でも、不正指令電磁的記録共用の罪は夫や妻の浮気を疑った人間が逮捕される原因となっているので、これから浮気調査を行う人は十分警戒してください。   〇不正な方法で監視用アプリケーションをインストールさせてはいけない   不正指令電磁的記録供用の罪とは、簡単に言ってしまえばウィルス対策のために作られた法律です。   本来はパソコンなどに使用者の意図しない動作をもたらすアプリケーション(ウィルス・マルウェア)の制作・配布・供用を禁じるための法律です。   これがなぜ浮気調査に関係あるのかというと、浮気長さのためにスマートフォンの動作を監視するためのアプリケーションをターゲットの端末にインストールする人が驚くほど増えているからです。   監視用のアプリはセキュリティ管理の名目で作られていますが、その大半が浮気を疑う夫婦やストーカー、家族や他人の監視を目的で使用されていると言われています。   本人が意図しない動作をもたらせるアプリケーションはウィルスとなんら変わりません。   結果、最近ではアプリの製作者だけでなく、アプリを使用して浮気調査を行った人までもが警察の捜査対象となり書類送検される事態となっています。   ■探偵事務所を使って安全に浮気調査を   浮気調査ではとても多くの法律が関わります。 今回ご紹介した法律は、浮気調査の中でも代表的なものにすぎません。   浮気調査は決して自分一人の力だけでは決して解決できません。 多くの法律をクリアするためには探偵の力が必ず必要になるでしょう。   安全かつ確実な調査を望むなら、ぜひ探偵事務所に依頼してください。