浮気調査を依頼する方の中には、夫や妻の浮気をやめさせて夫婦関係を修復したいと考えている人も多数います。   しかし、本当に探偵事務所に依頼したら、自分のパートナーが浮気をやめるか気になりますよね?   しかし、自裁に探偵事務所に依頼したことにより浮気が無くなったという人も多数いますので、その点について詳しくご紹介します。   ■浮気調査の報告書を使えば可能なのか?   浮気調査の報告書を使えば、本当に浮気をやめさせられるのか?   結論からいえば、確かに浮気をやめさせる効果はあります。 しかし、決して万能アイテムというわけでもありません。 使い方によっては確かに効果はありすが、最大限生かすためには慎重になりましょう。   ■まずは浮気を認めさせる   浮気調査の報告書は、浮気の決定的な事実です。 つまり、本来浮気について認めたがらない相手に、否が応でも浮気を認めさせるためのものなのです。   そこで、まずは相手に浮気を認めさせることからはじめましょう。 浮気について認めさせることが、実は浮気トラブルでは一番難しい問題なのです。   ここさえクリアできれば、浮気を辞めさせるのもそう難しくはありません。冷静に浮気について指摘し、浮気調査の報告書を見せるようにしましょう。   〇早めに報告書を見せる   浮気トラブルの場合、相手に反論する余地をあまり与えないほうが良いでしょう。   浮気について認めたがらない人は、じわじわと追い詰めるように詰問されると、そこから逃れるために次第にヒートアップしてしまい、結局別のトラブルに問題をすり替えてしまう人もいます。   しかし、最初から浮気調査の報告書を出し、言い逃れができない状態を作り上げ「浮気はあったから、その理由を聞きたい」という流れになれば、相手はそこまで激高することはなく、現状から抜け出るあめに、浮気についてすぐに認めやすくなります。   ■浮気相手の情報はしっかりと押さえておく   浮気相手の情報について押さえておけば、浮気の再発を防ぐことができます。 しかし、浮気相手について簡単に教えてくれるケースはとても少ないので、できれば先に浮気調査で相手の身元についても調べてもらうと良いでしょう。   〇なぜ浮気相手の情報が必要なのか?   浮気相手の情報について調べるのは、貴方に隠れて浮気関係を続けようとしたり、また同じ相手とよりを戻さないようにするためです。   浮気をする人間がその場で謝っても、直に信用してはいけません。 貴方に黙って浮気をするような人間ですから、貴方に謝ったあとにすぐに浮気相手とよりを戻すこともあるでしょう。     しかし、浮気相手についての情報を抑えていれば「何かあればすぐに確かめられる」とにおわすことで、相手にけん制させることができます。   〇探偵に調査をしてもらったほうが確実   浮気相手の連絡先を直に教える人はそういません。   そこで、あらかじめ探偵事務所に浮気調査を依頼した時に、相手の住所や連絡先について調べてもらったほうが良いでしょう。   本人を問い詰めた後だと、浮気相手の連絡先を消されてしまい確認のしようがない場合もありますが、事前に調べておけば確実に浮気相手の情報を手に入れられます。   ■まとめ   浮気をやめさせるために浮気調査を行う方法はかなり効果的です。 とくに、貴方に平気で嘘をついて浮気を続けようと思う人間には、探偵事務所の詳細な報告書を見てもらい、簡単に浮気などできないということを知ってもらうことが大切です。