浮気調査の成功率を高めるためには、まずは良い探偵事務所を選ぶことが大切です。   しかし、実はそれ以外にも探偵事務所の浮気調査の成功率を上げる方法が存在するのです。   これにより、浮気調査によって探偵事務所が依頼するのが大切になります。   ■浮気調査の成功率は情報量で決まる   浮気調査の成功率を高めるためには、浮気調査自体を効率よく行うために多くの情報を渡すことが大切です。   浮気調査をスムーズに行うためには、探偵事務所の実力はもちろんなのですが、たとえ実力ある探偵事務所でも、浮気調査に必要な情報が足りなければ、やはり成功率は落ちます。   では、浮気調査の成功率をあげるために必要な情報とはどんなものなのか?   続いて必要な情報について見ていきましょう。   ■浮気をしている日時   浮気調査をしている日時がわかれば、浮気調査の期間を短くし、空振りを少なくするために必要です。   浮気調査をする上で、接触する日時があらかじめわかるかどうかはとても重要です。   もし一切接触予定日の検討が付かない場合、いつ接触するかわからないターゲットを1週間~1カ月も定期的に調査することになってしまいます。   それほど予算があれば良いですが、平均的な予算で浮気調査をするとなると、調査期間は3日ほどとなるので、時としてすべて空振りになることもあるでしょう。     一方で、浮気をしている日時がわかる場合は、調査を行う日にターゲットが浮気相手と接触する確率が上がるため、空振りは驚くほど減ります。   探偵事務所としては、調査機関中に調査をしっかりと行えば成功という規定にはなっていますが、依頼者からすれば、浮気相手との接触を抑えてこそ成功ですよね?   もし接触する瞬間を抑えるなら、浮気相手について調べるようにしましょう。   ■浮気相手の情報   浮気相手に関する情報がわかっていれば、イザという時に浮気調査を成功させられます。   もし浮気相手の情報がわかれば、ターゲットからではなく、浮気相手から追うことも可能です。   ターゲットは強い警戒心を抱いているかもしれませんが、その浮気相手まで警戒心を強めているケースはそう多くありません。   調査前にあらかじめ浮気相手の詳細な情報があるなら、調査の成功率を上げることができるでしょう。   ■ターゲットの警戒度を確認する   浮気調査の前に、あらかじめターゲットの警戒度がわかれば浮気調査の成功率も大きくかわります。   例えば、ターゲットが警戒していることがわからず、そのまま浮気調査をした場合は、警戒行動があまりにも激しいせいで、調査を途中で中止せざるを得ない状況になりやすいです。   ただし、これもあらかじめターゲットの警戒度がわかっていれば話は別です。   ターゲットが警戒しているなら、まずは無理に浮気調査を行わず様子を見ることをおすすめします。   そのうち、ターゲットが警戒しなくなったら、あらためて探偵事務所が調査に乗り出せば、油断した相手から浮気の証拠を手に入れることも可能です。   この場合、最もやってはいけないのは、ターゲットが警戒しているとわかっていながら、急いで調査をすすめてしまうことです。   急ぎさえしなければ成功した浮気調査はとても沢山あります。   ターゲットが警戒しているなら、まずは相手の様子を探偵事務所に伝え、どのように動けば良いのか判断を仰いでください。   ■浮気調査は成功する   浮気調査は必ず成功するとは限りません。   ですが、ここに上げた例のように、様々な方法を使えば浮気調査の成功率を上げることも可能になります。   また、成功率を上げるためには、やはり探偵事務所とのスムーズなやりとりも重要です。 伝えそびれいた情報があったり、探偵事務所に尋ね忘れていることがあると、浮気調査の失敗に繋がりやすくなります。