浮気調査は探偵事務所に依頼すればできるけど、いつ探偵事務所に依頼すれば良いのかぜんぜんわかりませんよね?     そこで、今回は浮気調査の期間について詳しく解説していこうと思います。   ■浮気調査の期間は依頼内容によって変わる   浮気調査の期間は依頼内容によって大きく変わります。   例えば、ある依頼者が1日で終わることもあれば、とある依頼者は半年以上も浮気調査の期間が延びてしまうということも。   この点については、実際に探偵事務所に相談してもらい、期間について見積もりを出してもらうしかありません。   ですが、実際に相談する前に自分の調査機関を知りたい方は、この記事から推測してみることも可能です。   ■1日で浮気調査が終わるような依頼   わずか1日で浮気調査が終わる依頼は、探偵事務所にとっても難易度が低い依頼内容であることが大半です。   ですから、次のような状態に近い依頼なら、おおむね1日で浮気調査が終わるかもしれません。   〇浮気相手といつデートに行くのかあらかじめ知っている   夫や妻のLINEを見たりして、いつ浮気相手とデートに行くのかわかっているなら、その調査は1日以内で終わる可能性が高いです。   探偵事務所の調査期間は、ターゲットが浮気デートをする日時に大きく左右されます。 もしそれをあらかじめ知っているなら、その一日だけの調査で確実に証拠が手に入るので、浮気調査の費用もかなり安くなります。   〇浮気相手と同棲している場合   自分の夫や妻が浮気相手と同棲しているケースでも、浮気調査は一日で終了になることが多くなります。   別居中の浮気調査では、相手の別居先に浮気相手も一緒に住んでいるかを確認するだけなので、調査初日から出入りを抑えられる可能性が高いです。   ただし、いつ、どのタイミングで出てくるのかわからないので、短時間で終了することは少ないでしょう。   ■調査が3日ほどで終わるケース   浮気調査の平均的な調査機関は3日ほどと言われています。 3日以内で終わる浮気調査は、大抵次のようなパターンが多いです。   〇いつ浮気するかわらかないが疑わしい日が幾つかある   浮気相手といつ会うのか?確実なことはわからないけれども、疑わしいと思われる日はかなりある。   そんな状態であれば、浮気調査は3日前後で終わるかもしれません。   実は、探偵事務所に浮気調査を依頼される多くの人がこのパターン。 いつ会うのかわからないし。LINEも覗き見れない。しかし、残業する日はわかっているし、疑わしい日はすでに調べてある。   その状態であれば、かなりの確率で3日前後で浮気調査が終了します。   〇ターゲットが出張に行く   ターゲットが浮気相手と会うために出張に行くようなケースなら、浮気調査の期間も三日ほどになることが多いでしょう。   出張では、一日で調査を終了せず、出張の間浮気相手とデートしている様子を抑えることになるため、調査期間が3日ほどになることが増えるのです。   ■調査日数が1週間を超えるようなケース   浮気調査の期間が1週間を超えるような場合、ターゲットが警戒しているか、もしくは浮気相手と殆どデートを重ねないことが原因となります。   〇ターゲットが警戒している   何らかの理由でターゲットが浮気調査を警戒している場合、やはり慎重に調査をすすめるしかありません。   また、ターゲットが警戒心を高めているときに無理に調査をしても失敗するだけ。たとえその日に確実に浮気相手と会うとわかっていても見送ることになります。   〇浮気相手とデートしない   浮気相手と会う頻度が少なく、月に一度会えば良いほうなら、やはり浮気調査は長期化しやすくなります。 この場合、絶対に会うとわかっているような日時に狙いを定めて浮気調査をしたほうが良いでしょう。例えば、クリスマスなどの記念日や、バレンタインデーがそれにあたります。   ■まとめ   浮気調査を依頼するなら、浮気調査期間には慎重になったほうが良いでしょう。 もし費用が心配なら調査期間の短縮を。確実な調査を望むなら、浮気調査の適切な期間について探偵事務所の無料相談を依頼しましょう。