浮気調査を節約するには、その期間をできるだけ短くするのが有効。 しかし、期間をあまりに少なくすると、それだけでデメリットが生まれてしまいます。   しかし、調査期間についての判断は、最終的には依頼者である貴方が決めること。 せっかくの調査を失敗しないためにも、調査期間を短くするデメリットについても知っておきましょう。   ■浮気調査の期間を短くするデメリット   浮気調査の期間を短くすれば、そのぶん当然費用は浮きます。   ただし、探偵事務所側が提案する調査期間が長すぎるからといって、むやみに短期間の調査を受けてくれる事務所を探すのは危険です。   なぜなら、調査をしても結果がでず、浮気調査そのものがムダに終わる可能性が高いからです。   〇調査期間を短くすると浮気現場を押さえられなくなる   本来、1週間の調査が必要と言われた案件を、別の探偵事務所で無理やり1日で調査をすませようとしても、それはまず成功しません。   なぜなら、調査期間を短くすればするほど、浮気現場を抑えられる可能性が低くなるからです。   これは射撃に例えるとわかりやすいでしょう。   探偵は銃、そして獲物となる鳥がターゲットです。   ターゲットに弾を当ててはじめて浮気現場を押さえられるとしても、それを一発で決められるとは限りません。   なぜなら、ターゲットは、いつ、どのタイミングでやってくるかわからないから。   ターゲットの行動を完全に把握することはできません。まるで鳥のように飛ぶ方向を予測できないので、探偵はあらかじめターゲットが現れると思われる日。つまり、浮気相手と接触する日を予測して現場に張り込むのです。まるで水飲み場となる池のほとりで、鳥をまつハンターのように。   ですが、それでもその日に確実に鳥が来るとは限りません。 狙った獲物がやってくるかは、最後は運次第。 だからこそ、何日も張り込みを続け、その一瞬のチャンスを逃さないようにするしかないのです。   ■浮気相手と会う日がわからなければ絶対に期間は短くしない   浮気調査の期間を極端に短くしてはいけないケースがあります。   それは、いつ、どこで浮気相手と会うのかまったくわからないような場合。   この場合、勘で一日だけ調査を行ったとしてもまず結果はでませんし、かといって、そのあと再び調査を依頼しても余計に費用がかさむだけです。   ■パック料金を使って安くて安全な調査を   もしも浮気調査が必要だった場合、浮気相手といつ会うのかまるで予想がつかないのなら、パック料金プランを使うと良いでしょう。   パック料金プランとは、一定時間の調査料金をまとめて購入することで、通常の料金よりも安く行うことが可能なプランです。   これならどのタイミングで浮気調査を入れていいかわからず、費用の削減がむずかしい場合でも安い値段で調査を依頼することができます。   ■気になる人はまずは相談を   浮気調査の期間について不安ならば、まずは探偵事務所に相談してみましょう。   探偵事務所では依頼者の意向に沿ったプランニングを心がけていますし、費用の相談も当然行っています。気になることは何でも質問してみましょう。