浮気調査の相談は少し気が引ける・・なんて考えているのは貴方だけではありません。   浮気調査をする上で、探偵事務所に依頼するのは誰にとってもハードルが高いもの。 探偵として仕事をしてきた私も、その点については相談者の反応などから良く知っています。   しかし、探偵としては「そこまで心配しなくても良いんだけどな」と思ったりもするんですよね。 なにせ、探偵というのは特に相談者のプライバシーには興味もないですし、そもそも相談者を調べるなんてことはできないんです。   だからこそ、安心して無料相談をしてもらいたいので、今回は無料相談と匿名性の問題について詳しく解説します。   ■探偵事務所への相談は匿名でできる!   探偵事務所への相談は誰もが匿名で行えます。   これはどの探偵事務所でも同じであり、なにも個人情報を明かさずとも匿名性を保ったまま相談できるようなシステムがあります。 探偵事務所に自分の情報を与えないと相談できないのかもと不安になっている人も多いでしょうが、相談の段階でまずその心配はありませんので安心してください。   〇本名を教えなくても相談はOK   探偵事務所の相談ではいきなり自分の本名を教えなくても大丈夫です。   名前が必要になるのは、浮気調査の面談や、契約を行うことになった段階から。 それ以前は苗字だけでもかまいませんし、とくに名前を言いたくなければ敬称を使ってもかまいません。   〇住所なども伝えなくてOK   名前を伝えなくとも浮気調査の相談は可能なら、住所ももちろん必要がありません。   〇住所が必要となるのは契約の段階のみ。   書類には当然名前と住所が必要なので仕方がありませんが、それまでに住所も伝える必要はまったくありません。   ■なぜ探偵事務所は匿名で相談できるのか?   探偵事務所の相談は料金もかからなければ、匿名でも問題はありません。   なぜこのようなシステムが出来上がったのかというと、それには探偵事務所に依頼してくる人たちの特殊な事情が大きく関係しています。   〇人には言えないプライベートな悩みが多いから   探偵事務所へ相談にやってくる人は、たいていプライベートな悩みを抱えています。   悩みの種類は様々ですが、特に多い浮気トラブルも、決して他人に聞かせたい内容ではありませんよね?   そんな相談を受ける以上は、契約に至らずに相談した内容を悪用されないよう、依頼者のデメリットを減らす必要が探偵事務所にあります。 だからこそ、探偵事務所は相談の段階でそこまで詳しいプロフィールを相談者に聞くことはありません。   〇依頼者に素直に悩みを話してほしいから   人は自分の名前を伝えると、自然と悩みの深い部分までは話にくくなります。   しかし、それも匿名ならより口も動きやすくなり、抱えているトラブルの詳細や悩みについても話しやすくなります。   今や探偵事務所はただ調査を行うだけの会社ではなく、依頼者の抱えるトラブルを総合的に解決する場へと変わりつつあります。   相談もカウンセリングの意味もあり、できるだけ匿名で相談を受けるようにしているのです。   ■相談者の匿名性をさらに守るには?   浮気調査を依頼したい人などは、できるだけ契約に至らなかった場合に備え、自分の匿名性を守りたいですよね?   その場合は次の方法を試してみてください。   〇相談時には非通知設定を使う   探偵事務所への無料相談を使う場合は、できるだけ非通知設定を使ってみましょう。   非通知設定では相談できない探偵事務所もありますが、その場合はメールでの相談をおすすめします。   もし面談へと進むのであれば、その時点であなたの電話番号を教えれば良いだけです。   〇フリーメールを使って相談 匿名性を最も保ってくれるのがフリーメールを使った相談方法です。   探偵事務所の相談ページは大抵メールフォームがありますが、そこで安全なフリーメールを使えばあなたの匿名性はまず守られるでしょう。 〇匿名性は探偵事務所も相談者も守ろう   匿名性を守るのは、探偵事務所へ依頼するようなトラブルを抱えた人にとって大切なことです。   探偵事務所側も勿論その努力をしていますが、中には雑な探偵事務所や悪徳探偵事務所は貴方の個人情報の扱いを誤るかもしれません。   非通知設定やフリーメールを使い、相談の段階で下手にあなたの個人情報を聞き出そうとする悪質な業者に騙されないようにしましょう。