探偵事務所が行う浮気調査にとって、尾行はとても大切な作業です。   それはトラスト探偵事務所でも同じこと。尾行技術の向上のため常に研修を行い、現場でも浮気調査を成功させるため様々なテクニックを駆使しています。   ただ、恐らくこれから浮気調査を依頼しようと思う方の多くが尾行について気になることも多いでしょう。   中でも「なんで2名1組で浮気調査を行うの?」という質問は昔から聞かれますし、貴方もきっとこのシステムについて疑問に思っているはず。   そこで、この記事では探偵事務所が行う浮気調査がなぜ2名1組で行われているかについて詳しく説明します。   ■調査員は1名ではダメなの?   結論から言えば、浮気調査は2名でなければダメということはありません。   ただ、多くの探偵事務所は調査の成功率を上げるために2名1組での調査を勧めています。   ・調査員は1名のほうが費用が安い   浮気調査は調査員1名でも行えますし、費用も安くなります。   探偵事務所の浮気調査は時間×人数で決まります。 当然人数を減らして1名で調査を行えば、それだけ安く費用が住むので、依頼者からすれば1名で調査をしてもらいたいですよね。   ・調査員1名で調査できるのは簡単な調査のみ   基本的に調査員1名でも依頼は可能ですが、それは簡単な調査だけとなります。   例えば浮気相手の自宅を監視してやってくる対象者を撮影するだけの作業なら、尾行もそれほど必要ではありませんし、調査員1名でも足りるかもしれません。   ただ、それ以上の普通の浮気調査となると、やはり2名1組でないと完璧な浮気調査は不可能になります。   ■尾行は2人1組で行われる   探偵事務所の浮気調査は基本的に2人1組で行われます。   映画やドラマですと、尾行は一人で行うことが多いのですが、実際には1人で尾行すると色々と困ったことになってしまうのです。   ・急なアクシデントに対応するため   探偵が2人1組で尾行を行う一番の理由は、急なアクシデントにも対応するためです。   例えば、1人で調査をしている最中、なんらかの理由で1人が対象者を見失ったとしたらそこで調査が終了しますよね?   ですが、2人で尾行を行っていれば、1名が見失っても1名が尾行を続けているので、そのまま浮気調査は続行。残る一名はあとから合流し、再び2名1組体制で尾行を続けられます。   ・対象者に尾行者を特定させないため   2名一組の尾行なら、対象者に誰が対象者なのか気が付かれなくなります。   2名1組で行う尾行は、対象者の後方につく人間と、さらにその後方につく人間にわかれます。   この体制のまま、対象者の後方につく人間を定期的にローテーションしていくと、対象者がふりかえっても、そこにはさっきまでと別の人間の姿をみることになります。   尾行者を特定するためには、どこに行っても自分のあとをついてくる特定の人間を見つけなくてはなりません。   しかし、後方にいる人間がさっきまでとは違えば、どうしても尾行者を特定することができず、警戒している対象者といえど探偵の存在に気が付けないのです。   ■できるだけ2名1組体制で浮気調査を行う   この様に、浮気調査はできるだけ2名1組体制で行うほうが確実に尾行を続けられます。   また、警戒心の高い対象者ならなおのこと人数が必要になるかもしれません。   浮気調査の費用は人数が少ないほうが安くはすみますが、それは1名でも対応できる依頼内容に限ったもの。浮気調査の成功させるためにも、最低限2名の調査員で浮気調査を行うことをすすめます。