浮気調査の依頼は、絶対に貴方のパートナーにバレてはいけません。   しかし、その事実について知る人は少ないですし、多くの探偵事務所でもあまり公表はしていません。   ですが、探偵にとっても、依頼者にとってもこれ以上厄介な事態はありません。 もしバレたら最後、浮気調査そのものが失敗するばかりか、あなたの今後も危ういものになります。   浮気調査を依頼する前には、ぜひこの記事を読み、発覚した場合のリスクについて知っておきましょう。   ■浮気調査ができなくなる   浮気調査の事実がターゲットにバレてしまった場合、真っ先に浮気調査そのものが中止になってしまいます。   〇事前にわかった場合   浮気調査をする前に、ターゲットに浮気調査の依頼がバレてしまったとわかった場合には、その時点で一時的に浮気調査を中止します。   これは不幸中の幸いであり、なかなかありませんが、もし浮気調査前に事実がわかれば、間一髪言い逃れが効くようになります。   例えば、確かに契約をしようと思ったが、やっぱり浮気調査はキャンセルしたと伝えたり、何も言わなくても、探偵に尾行されることもありません。   ただし、浮気調査はやはり延期となりますし、ターゲットが警戒心を高めるのは避けられません。   〇浮気調査中に気が付いた場合   ターゲットが浮気調査を知っていたことに、浮気調査中に気が付いてしまった場合、自体は最悪の方向へと進んでいきます。   まず、現場ではターゲットがあまりに不審な行動をとっているため、その場で調査が中止になります。それに気が付かずに調査を進めた場合には、ターゲットのほうから探偵に近づき、その正体を確認しようとしてきます。   ここで探偵の存在に気が付かれてしまったら、もはやアウト。 探偵がいるとわかったターゲットは絶対に警戒心を解きませんし、浮気調査を継続するのはまず不可能になります。   また、もし探偵の存在に気が付かれなくとも、警戒行動をあらわにしターゲットにそのまま調査を続けるのは不可能。実際に稼働した分の料金だけ取られて、調査そのものが中止になることもあります。   ■浮気の証拠が消えてしまう   ターゲットが浮気調査に気が付けば、浮気に関する証拠はすべて消去されると思ってください。   探偵が浮気調査を行えるのは、あくまでターゲットに油断があるからです。   その油断が無くなれば、調査を妨害すること以前に、真っ先に浮気に関する証拠を全て消し去ろうとするでしょう。   また、浮気相手との連絡もしばらくは控えるようになるかもしれません。 証拠もなく、探偵の尾行も通用しない事態になれば、その後証拠を手に入れるのはとても難しくなります。   ■貴方自身が監視されてしまう   最後にお伝えしなければならないのは、探偵に調査されるとわかったターゲットは、確実に依頼した貴方の動向を監視するようになることです。   探偵に狙われたとわかったターゲットは必ず怯えます。その結果、浮気の証拠を消すのはあたりまえですが、さらに貴方の動向を監視し、再び探偵を雇わないか常に注視しているようなケースもあるのです。   過去に実際にあったケースでは、別の探偵事務所に依頼した際に契約書を見られてしまった奥さんが、改めて別の探偵事務所に相談しにいったところ、そこで奥さんを尾行する人物がいることに担当者が気付きました。   これは、ターゲットが依頼した探偵達。 依頼内容まではわかりませんが、おそらく、奥さんが探偵事務所に再度依頼しないか確認しようとしていたのでしょう。現場で探偵同士がブッキングするケースでは、大抵配偶者同市が互いを監視するために探偵を雇っています。   ■絶対に浮気調査は気が付かれてはいけない   浮気調査を依頼するなら、絶対に貴方の依頼をターゲットに気が付かれてはいけません。 もし、どうやって気が付かれないようにすればいいのかわからなければ、無料相談を使って探偵事務所に相談してみましょう。   探偵事務所では常にこの手の自体に備えた対策を練っていますし、そのノウハウについては折り紙付き。依頼者にアドバイスをして、依頼そのものがバレないための方法も教えてくれるはずです。