GPSを使った浮気調査というと、みなさんはどんな方法を思い浮かべますか?   GPSというと、現代ではスマートフォンやカーナビを思い出すでしょう。 しかし、探偵が使うGPS一風変わった特殊な機材となります。   ■探偵が使うGPSの機材は?   探偵が使っているGPS機材はバリエーションが豊富です。   そこで、その中でも代表的な機材を紹介します。   これから依頼する探偵がどんなGPS機材を使っているのか?   気になる人は以下をご覧ください。   〇ボックス型GPS   ボックス型GPSは主に車両に設置するために作られたGPSです。   古くは大手セキュリティ会社が車両の盗難防止用に作ったものですが、現代では調査専用に作られたボックス型のGPSを使うことが多いです。   防水・対ショック性に優れたボックスの中にGPSを入れ、マグネットなどで車の下部や車内に設置するのが基本です。   仕組みとしては、携帯電話の通信機能を使い、GPSを遠隔操作できるようになっています。   そのため、パソコンや携帯電話から現在地をリアルタイムに調べられるのが特徴。 定時検索も可能であり、30分~1時間おきに現座地を取得して移動ルートを調べることも可能です。   〇小型GPS   小型GPSは、500円玉ほどのサイズのGPS端末です。   非常に小型であるためバッテリーの容量が少ないのが欠点ですが、対人用に使用できることから事務所に置いている探偵事務所も多いです。     探偵事務所が使用するGPSは主にこの2種類となります。 使用頻度は車両に設置するボックス型のGPSが圧倒的に多いでしょう。     ■GPSは浮気調査での使用がメイン   探偵事務所のGPSは、ほぼ浮気調査で使われてます。   使用目的は、浮気相手との接触予定日や場所を特定するため。 もしくは、できるだけ尾行頻度を減らして対象者を追うためです。   〇浮気相手との接触を予測するため   GPSを使えば、対象者の行動パターンを調べて浮気相手との接触を予測することができます。     例えば、対象者の車にGPS端末を設置し、その行動を1~2週間ほど観察したとします。 すると、もし本当に浮気をしていたら、その中でラブホテルに出入りしていたり、浮気相手の自宅に出入りしている様子が必ずGPSデータとして残ります。   その周期から、次に浮気相手と会う時間と場所を推測。 その日に浮気調査をおこなうことで決定的な証拠を手に入れることが可能になります。   〇対象者を余計に警戒させないため   リアルタイム検索が可能なGPS端末を使うことで、警戒心を抱かせることなく尾行を行うことが可能になります。   警戒心が高い対象者は、常に後方に不審車両がいないか確認していますし、それは浮気相手と接触した前後に最も警戒度が高まります。   しかし、GPSを使って対象者を追っていれば距離を離したまま尾行ができますし、肝心な場面以外は対象者の後方に付かずにすみます。   これにより、警戒心が高い対象者を監視し続けることが可能です。   ■GPSを使った浮気調査を依頼するには?   GPSを使った浮気調査依頼すれば、調査の成功率はかなり高まります。   GPSを浮気調査で使ってもらいたい場合には、無料相談時にGPSが使えるか確認してみましょう。   GPS端末はどの探偵事務所にも無限にあるわけではありません。 他の調査で端末が全部で払っていることもありますし、緊急の調査では端末を設置する時間が無いかもしれません。   なので、GPS端末を使った浮気調査は事前の相談が必須です。 何も言わなければ、GPS端末を使用するかは探偵事務所側にまかせることになりますから、相談時に必ず確認してください。   〇GPSを使った調査は料金が上がるのか?   GPSを使った浮気調査は特別料金がかかる場合とそうでない場合があります。 この点も事前の確認が必ず必要になります。   〇GPSの設置は探偵が行うの?   GPSの設置は探偵事務所が行う場合が殆どです。   しかし、場合によってはご依頼者にGPSの設置をご協力いただくようなケースもあります。   この点も、依頼先の探偵事務所との打ち合わせで決定します。   ■まとめ   浮気調査を依頼する時にはGPSを使った調査もおすすめです。 特に対象者が警戒心が高く、尾行がバレそうになった時にはこれほど役立つアイテムはありません。   「浮気調査をしたいけど、バレてしまったらどうしょう…」と不安になっているなら、浮気調査の依頼時にGPSを使った浮気調査が可能か尋ねてみましょう。