シングルファザーやバツイチになる男性が増加傾向にあります。

 

好きになった男性が、実はシングルファザーだったらどうしますか?

 

今回はシングルファザーの特徴をご紹介いたします。

 

 

シングルファザーとは?

 

シングルファザーとは、父親だけで子どもを育てている父子家庭のことを指します。

 

子どものいる家庭が離婚を選択する場合、女性に親権が渡ることが多い傾向にあります。

 

特に子どもが幼いうちは母親に親権が渡りやすく、シングルマザーになる方が多くなります。

 

そのため、シングルマザーに対する支援や情報が多く、シングルファザーに対する手当や情報が少ないというのが現状です。

 

女性がシングルマザーになる理由に浮気やDV、価値観の相違などが挙げられる一方、男性がシングルファザーになる理由には妻との死別や妻の一方的な浮気などが上位に入ります。

 

男性に子どもの親権が与えられるということは、それだけの深刻な理由があることもあります。

 

 

シングルファザーの現状とは

 

以前まではシングルマザーとシングルファザーとで得られる支援に差がありました。

 

現在は公的支援が見直され、シングルファザーもシングルマザーと同等の支援を受けられます。

 

しかし、子育てをするために必要なのは公的支援だけではありません。

 

シングルファザーの場合、元妻から十分な養育費を得られないことも多々あります。

 

男性の方が収入が多いのは事実ですが、それもフルタイムで働いているからこそです。

 

子どもがいれば残業するのも難しく、基本給だけでは経済的な負担が増えることも考えられます。

 

 

シングルファザーの恋愛事情

 

多くのシングルファザーは再婚に前向きな気持ちを持っています。

 

やはり子どもに母親の存在をつくってあげたいという父心から再婚を望む方もいます。

 

再婚に前向きな気持ちを持っていても、仕事や育児に追われて恋愛ができない人もいます。

 

特にフルタイムで働いていることが多く、仕事と育児にほとんどの時間を消耗してしまいます。

 

子どもが小さいうちは、子育てに専念しないとという大きな責任感を持っている方が多いので、離婚を経験しているからこそ、再婚相手は慎重に選びたいというのが男性の本音です。

 

大変な思いをしながら子育てをしているシングルファザーの方々に、素敵な女性との出会いがあることを祈っております。