これから浮気調査や結婚調査を依頼しようと各探偵社のホームページを見ていると、調査項目の欄に見慣れない言葉が並んでいて困惑した経験は無いでしょうか?

 

例えば行動調査、内偵調査という言葉は、解りにくいかもしれません。

 

今回は結婚調査などの依頼者が良く見る事になる内偵調査について解説させて頂きます。

 

 

 

内偵調査とは、調査対象者の個人情報を調べる調査となります。

 

個人を特定する事が可能な情報であり、本名や住所、職業、家族構成を含め、インターネット上のブログやSNSも当然個人を特定する為の情報が含まれます。

 

そして、内偵調査は各署に分散した個人情報を集めていき、調査対象者のプロフィールを完成させる事を目的としています。

 

現在の生活態度から性格、趣味まで様々な分野のプロフィールが含まれます。

 

 

内偵調査は聞き込みや、検索を主体とする

 

内偵調査の特徴は、聞き込みや検索などをメインに調査を行う事です。

 

内偵調査の対の存在となるのが行動調査です。

 

行動調査は主に尾行や張り込みをメインに調査を行い、その目的は対象者が行った行動を監視する事にあります。

 

一方、内偵調査は行動監視ではなくプロフィールの入手を目的としているため、尾行や張り込みよりも、聞き込みやインターネット、メディア調査などをメインに調査を行います。

 

 

内偵調査の主な方法

 

 

聞き込み

 

聞き込みは昔から探偵が使用してきた内偵調査の手法です。

 

聞き込みは通常2人1組、もしくは1名のみで行われ、対象者の周辺人物に聞き込みを行っていきます。

 

聞き込みのターゲットとなるのは、対象者住む場所の近隣住民、知人、職場の元同僚などです。

 

ただし、家族や友人などをターゲットとすることは殆どありません。

 

聞き込みの事実が調査対象者に漏れない範囲で調査するのが鉄則です。

 

 

インターネット調査

 

現在、新たな手法として浸透しているのがインターネットを使用した公開情報調査です。

 

インターネット調査のターゲットとなるのは、調査対象者が使用しているブログやSNSであり、その書き込み内容から対象者のプロフィールを完成させていきます。

 

また、投稿された写真や友人、知人の投稿も調査の対象となります。

 

ただし、一見万能の様に思われるインターネット調査ですが、あくまで公開されている情報から分析するのみに留まります。

 

よくハッキングもしているの?と言われる事がありますが、その様な調査方法は探偵には許されていません。

 

 

このように、内偵調査は探偵社の中でもかなり重要な位置を占めています。

 

探偵業のメインである浮気調査ばかり注目されていると、内偵調査の価値に殆どの方は気が付かないかもしれませんが、内偵調査は探偵業の裏方であり、難しい調査ほど内偵調査の実力が問われる場面が多くなっています。