浮気によって受ける精神的被害にしても個人差が激しく、中には浮気をされても意にも介さない人間も存在します。

 

では、そもそも浮気をされても精神的ダメージの少ない人間にはどんな特徴があるのでしょうか?

 

 

 

『愛情が冷めてしまっている』

 

浮気によって受ける精神的損害は、愛情の深さにも大きく関係しています。

 

愛情の薄さが原因で嫉妬心が起きない人は、結婚してから年数が経過している人が多いです。

 

しかし、新婚の夫婦や、年を取っても夫婦仲睦まじい夫婦であれば、嫉妬心ばかりでなく、激しいショックや悲しみで、精神病に掛かってしまう人がいます。

 

『相手への依存心が低い』

 

浮気をされても激しい怒りを感じなかったり、すんなりと浮気を許せてしまう人は、パートナーに対しての依存心が低いと思われます。

 

パートナーに人生の殆どを任せてしまっている人ほど、浮気をされた場合のリスクは上がります。

 

特に専業主婦の方は、生計を旦那さん任せにしているので、旦那さんが浮気をしてしまうと、自分が捨てられてしまうと恐れるがあまり、旦那さんを追い詰めようとしてしまいます。

 

しかし、キャリアウーマンの女性などは、パートナーに浮気をされた場合にも冷静に対処することが多いです。

 

ただ、冷静に対処した先には当然離婚という決断もあります。

 

『自分も浮気をしている』

 

一方が浮気をした場合の、残された配偶者が浮気に対してそれほど怒ることが無ければ、その裏で実は相手も浮気をしている可能性があります。

 

ここまで来れば、すでに精神的損害の有無など関係無くなるのですが、人によっては、受けた精神的損害を埋めるために、復讐の意味を込めて浮気をする「リベンジ浮気」を行ってしまう人もいます。

 

『自尊心が低すぎる』

 

浮気をされたとしても、離婚を切り出せなかったり、浮気の事実すら突きつけられない人がいます。

 

また、浮気をされたとしても「一緒にいれればそれで良い」といって、簡単に浮気を許せてしまう人もいます。

 

こうした方々は、「自尊心」が低い可能性が高いです。

 

自尊心が低い方は、自分の感情を表に出すことを怖がり、耐え忍ぶことでしか状況を切り抜けられない人が多いです。

 

しかし、心の中は激しい葛藤にまみれているので、それがいつ爆発してもおかしく無い人が多いです。

 

 

上記のポイントを見てみれば、浮気をされて冷静にいるのは如何に難しいことか分かると思います。

 

人は結局浮気を許せる生き物ではありません。

 

また、感情を完全にコントロールすることも出来ないので、誰でも浮気で心を痛めています。

 

適度に怒りや悲しみを吐き出しつつ、受けた精神的損害を癒さなければ、夫婦関係の修復はできません。