夜勤というシチュエーションが日勤よりも浮気に繋がる可能性が高いです。

 

なぜ、夜勤は浮気が多くなってしまうのでしょう?

 

その理由としては、以下の理由を挙げることができます。

 

 

夜勤がある職業は配偶者に嘘をつきやすい

 

勤務人数が少なく親密になりやすい

 

昼間よりも周りにバレにくい

 

 

女性と仲良くなりやすく、周りや妻にバレにくくなるからです。

 

 

夜勤がある職業は配偶者に嘘をつきやすい

 

夜勤の仕事がある人は配偶者に嘘をついて、夜勤だから今日は帰れない!と言うことができます。

 

こうすれば、女性と浮気をして朝まで帰ってこなくても全く不自然ではありません。

 

夜勤の現場ではなく、夜勤と嘘をついて朝帰りすることが簡単になるので、夜勤がある仕事の人は、不倫をしやすいという事ができるでしょう。

 

 

勤務人数が少なく親密になりやすい

 

夜勤は日勤よりも親密になりやすいと言われています。

 

夜勤は、日勤より人が少なく、2人ないしは3人という少人数で勤務することが多いからです。

 

人が少ないので、接する機会が多くなり、異性として意識する時間も長くなり、恋愛関係に発展するケースが多いです。

 

 

昼間よりも周りにバレにくい

 

夜勤の場合は昼よりも周りにバレにくいというのも理由の1つです。

 

昼間に配偶者がいる既婚者が他の異性と話していたら、周りからは非常に目についてしまいます。

 

あまり人目につくところでは既婚者の人は異性と仲良くすることはできません。

 

でも、夜勤であれば周りに人が少ないので、昼間よりも人目を気にすることなく異性と話したり、恋愛関係になったりすることができるようになります。

 

 

 

夜勤をする方が皆浮気をするとは言えませんが、可能性が高いのは事実です。

 

参考になさってみて下さい。